忍者ブログ
noriとdoriは10年勤めた会社を辞め、世界一周旅行”コテコテ世界建築探訪”に旅立ちました。   ⇒ 約4か月かけて33都市を探訪。2007.11末に帰国しました。 現在は、旅を回想中・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リヨンはフランス第3の商業都市。
ベルフォールから列車で3時間程南下したところにある街です。
階段をひたすら上ってたどり着く丘の上には「フルヴィエールバジリカ聖堂」があります。
展望台からはリヨンの街が一望できました。






「リヨン・オペラハウス」
古いオペラ劇場の外壁を利用した、歴史的建造物の再生建築です。
内側の壁などは全て“黒”で統一されていてカッコイイ建物でした。
でも、このオペラハウスよりも、その正面にある工事中の建物の方が
気になったのは私達だけではないはず・・・




「ラ・トゥーレット修道院」
リヨンへきた目的はコルビジェの重要な作品「ラ・トゥーレット修道院」へ行くため。
修道院は、リヨンの街のはずれにある駅から列車で約1時間、
さらにそこから丘の上に向かって歩くこと約30分の場所にあります。



案内図をもらっての自由見学でしたが、普段は入れない教会の地下部分にも
入れてもらうことができ、貴重な空間を体験することができました。
写真でよく見る空間(場面)が、実際に建物のどのような部分にあるのかを
知ることができるのも、実際に訪れた人の特権だと実感しました。

まずは、外観から


続いては、鐘楼と小礼拝堂および内部


礼拝堂までの廊下です


大礼拝堂内部です。




礼拝堂の地下にある部分です



リヨンでまたまた親切な人に出会いました (^0^)
ラ・トゥーレット修道院の帰り道。
日が暮れ始めた道を駅に向かって歩いていると、お姉さんが運転している
1台の車が止まり、私達を駅まで乗せて行ってくれました。
見知らぬ外国人を乗せてくれるなんて!!
ホント感激でした。お姉さんありがとうございました!
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ほんとに建築探訪だったんだ
いや~、一気にUPしましたね。写真もいっぱい!!
ちゃんと建築巡りもしてることがわかりました。(^^)V
礼拝堂といい、この修道院といい、すごい斬新ですね。
ほんとに礼拝堂?!って感じです。
日本で言ったら、お寺や神社がモダン建築になってるって図ですもんね。
ちょっと考えられないかも。

親切な人もたくさんいたみたいで、よかったよかった。
結構フランス人も親切なんだよね。
イタリアでもスペインでも、あちこちでとても親切にしてもらえました。
あ、これは女性の特権だったかも?

でも親切なふりをした、油断ならない人達もいるので
注意怠りなきよう。
fruhlings 2007/11/02(Fri)12:42:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDER
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
amazon.co.jp
 世界一周時に使用した本の紹介です。  amazonのページが開きます。
COMMENT
[01/06 DORA-TAMU]
[01/04 やまもとりょう]
[04/21 山葵]
[07/16 澤山士行]
[03/31 yac]
PROFILE
HN:
noridoridon
性別:
非公開
LOCAL SEARCH
ブログ内の検索が出来ます
BAR-CODE
COUNTER
AROUND THE WORLD
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
NINJA







忍者ブログ [PR]

Designed by A.com