忍者ブログ
noriとdoriは10年勤めた会社を辞め、世界一周旅行”コテコテ世界建築探訪”に旅立ちました。   ⇒ 約4か月かけて33都市を探訪。2007.11末に帰国しました。 現在は、旅を回想中・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前のブログにも書いた通り、小心者の私達はできる限りのものを
バックパックに詰めて持っていきました。
その中には必要なかった(1度も使わなかった)ものもありますが ^^;)、
今日は、特に”役に立った”と思われる、2大便利グッズ?を紹介します。

☆ パックセーフ
「パックセーフ」は、リュック全体を網で覆って柱などと鍵で固定できる
セキュリティーグッズです。
リュックはチャックがいっぱいあるので鍵をかけるのが大変。
しかもナイフで切られたら終わりです。
「パックセーフ」は頑丈な網(ワイヤー)でリュック全体を覆ってしまうので安心。
ホテルの部屋に荷物を置いて出かける時には、必ず装着するようにしていました。
ここだけの話、パソコンなどの貴重品もホテルに置いたまま出かけていましたが、
パックセーフのおかげで被害ゼロ!でした。

残念ながらいい写真が無かったのですが・・・
ちなみに、写真のバックパックは、カバーをかけて、パックセーフをしてあります。
左から各ホテルでの取り付け状況!
・カイロ(エジプト)のホテルにて
・シドニー(オーストラリア)のホテルにて
・バルセロナ(スペイン)のホテルでの状況





☆ フリップトップ2(携帯ボトル浄水器)
水筒サイズの浄水器です。
出発の10日程前に、通販カタログで偶然発見。
“不純物を最大99.99%除去できる魔法のボトル。・・・生水・雨水から
とても飲めそうにない泥水までも、ボトルに入れてワンタッチマウスピースを
通せば、あら不思議、安心して飲める飲料水に早変わりします。
・・・飲み水の不安な国への旅行に必携・・・”
という説明文に惹かれ、即注文。
水道水が不安な国にいる時は、歯磨きの際などにも必ずこの浄水器を
使っていました 。
カンボジアやインドで元気でいられたのは、この浄水器のお陰だと・・・
(浄水器を使わなかったら…というのは試していないので、
本当のところはわかりません ^^;)

若干、値段は張りますが、災害時にも使用可能と宣伝文句もありましたので・・・
→風呂場に水を張っておくと、いざというときに飲み水へ
→ちなみに泥水はまだ試してません!
 カタログでは、泥水も透明な水に変わってます!??

左から2枚目の写真の下部の黒い部分が特殊フィルターでこの容器のミソです。






PR
荷物は、バックパック(山登り用リュック)に詰めて持っていきました。
いわゆる“バックパッカー”ってやつです。
(お金の使い方はバックパッカーになりきれずに帰ってきましたが ^^;)
“ヨーロッパなどは石畳が多いので、スーツケースだと動きにくい”ということで
スーツケースではなくバックパックにしました。
Noriは65L、doriは45Lのバックパック。
これが重かった(各20Kg弱)。
左が出発時の写真で右が帰国時の写真(どちらも福岡空港にて撮影)



左(出発時の荷物)・・・ガイドブックがぎっしり
中(ホテルなどでの保管寺の状況)・・・セキュリテイーはパックセーフにて
  ※これのお陰?で建物内での盗難はゼロでした
右(分かりにくいですが、背負った状態で歩いている様子)
  ※うしろからみるとバックパックが歩いている感じです



小心者なので、寝袋やら鍋やら、できる限りの物を詰め込んでいきました。
(寝袋は野宿の時に活躍! 鍋は1回も使いませんでした ^^;)
洋服は5日分。ホテルの洗面台やコインランドリーで洗濯です。
荷物が重い原因の1つが“電子機器”です。
・ノートパソコン 2台
・デジタルカメラ 2台
・デジタルビデオカメラ 1台
・iPod 2台
・ニンテンドー DS 2台
・電子辞書 1台
・携帯電話 2台
もちろん、これらの充電用コード類と変圧器(DS充電時のみ必要)も持参。
さらに、観賞用(映画)DVD 36枚と、写真データ保存用DVD-R 39枚
(内30枚は旅の途中で購入)も持参。
この他、訪問各国のガイドブックと建築関係の本も持っていきました。
御察しの通り、この“本”がまた重い。




ユニクロ製の袋(2つ)に入れて持っていこうとしたのですが、
あまりの重さに成田空港で“キャスター”を購入。
そして、ベルギーで小さなスーツケースを購入。
スーツケースのタイヤが小さかったので、スーツケースを“キャスター”に乗せて
運んでいたら、“キャスター”はスペインで壊れました。


世界一周をするにあたっての裏話?を。

今回は“移動手段”について。
都市から都市の移動は、基本的に「飛行機」です。
「世界一周航空券」という、発行日から1年間有効(OPEN)のチケットを利用しています。
世界一周航空券は系列航空会社毎に種類がありますが、
私達は「ワンワールド」のチケットです。

「ワンワールド」は大陸制。訪問する大陸の数によって金額が変わります。
(ちなみに、スターアライアンスなどのチケットはマイル制)
私達は5大陸(最大20都市)のチケットを購入。エコノミークラスで45万円位です。
これで世界の20都市を周ることができるのですから、かなりお手頃かと。
ルートの設定をしないとチケットは購入できませんが、
日本発の便以外はオープンチケットとすることができます。

いざ出発してみると、現地での席の確保が意外と大変。
英語での意思疎通が必要となります。
ある程度予約してから出発すればよかった・・と思いました。
予約してあればリコンファームのみでOKです。電話でOK!
全行程を予約する場合は、予約変更は変更料金が発生しますので、
ある程度余裕のある行程を組んだ方がいいと思います。

ヨーロッパ圏は都市が多いのと鉄道網が非常に発達してますので
「ユーレイルパス」というチケットを利用し、鉄道にて周遊します。
これはいくつか種類があります。

私達が利用したのは、ユーレイル グローバル パス セイバーチケットです。
2ヶ月間、好きなときにヨーロッパ18カ国の鉄道(一部のフェリー)に乗り放題。
お値段は一人16万円位です。(1等車両です)
※1等車両がどの程度なのかはまだ確認できてませんが・・・。
これで11カ国(19都市)を周遊する予定です。

なお、訪問予定のトルコはこちらのチケットが使用できないので、
別のパスが必要となりました。
私達は、バルカン フレしキー パスを購入しました。
こちらのお値段は一人3万弱です。
1ヶ月のうち好きな5日間(1日ごと指定可能)を指定して利用するチケットです。

これらのチケットを駆使して、ヨーロッパに点在する有名建築を見てまわります。
これらの利用で、12カ国(20都市)を廻ります。
夜行列車やフェリー泊もあり。。。どんな様子かはブログUPをお楽しみに。
HOME  
CALENDER
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
amazon.co.jp
 世界一周時に使用した本の紹介です。  amazonのページが開きます。
COMMENT
[01/06 DORA-TAMU]
[01/04 やまもとりょう]
[04/21 山葵]
[07/16 澤山士行]
[03/31 yac]
PROFILE
HN:
noridoridon
性別:
非公開
LOCAL SEARCH
ブログ内の検索が出来ます
BAR-CODE
COUNTER
AROUND THE WORLD
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
NINJA







忍者ブログ [PR]

Designed by A.com