忍者ブログ
noriとdoriは10年勤めた会社を辞め、世界一周旅行”コテコテ世界建築探訪”に旅立ちました。   ⇒ 約4か月かけて33都市を探訪。2007.11末に帰国しました。 現在は、旅を回想中・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「夕食」 / ベトナム料理

インターネットでホーチミンで評判のレストランを探し出し、
Quan An Ngonというレストランへ行ってみました。
場所は統一会堂(旧大統領官邸)の側にありました。
ベトナム料理ということで、もちろんフォー(米粉の麺)を注文。
合わせて、チキンと豚のBBQを注文。
香草の匂いがきついかと思っていましたが、それほどきつくなく、
濃厚なスープと淡白な麺のコンビネーションで美味しかったです。

ジュース、ビール、フォー、BBQ、フルーツの合計で約800円弱(103,000VND)
ボリュームと味のバランスもよくて安い!美味い!
流石はもとフランス領なのでしょうか。





「細長い建物」

ホーチミンの町中は、細長い建物で彩られてました。
間口の広さで税金が違うとかそんな政策的な物かも知れません。
しかし、巧みにデザインを施してました。
また、屋上の庭園も美味くデザインしてありました。




「原動付き自転車」/ けったましん(名古屋弁?)

ホーチミンで驚いのは原付で移動する人の多さでした!!
かつての日本のようにノーヘル(ヘルメット無し)でばりばり走ってました!


なかには、3人乗りの姿もありました!!子供大丈夫かな?と思うのは私だけ?
原付があまりにも多くて排気ガスで空気が非常に悪かった印象があります。
そんな時に活躍するのが派手なマスクなのでしょうか?
日本にも花粉症などの模様付きのマスクが登場して来てるようですが、
ホーチミンの方が一歩進んでいる感じでした。



「市場」/ MARKET

市内中心部のマーケットへ行きました。
生鮮食品や雑貨、花などが販売され活気のあるマーケットでした。
付近には、雑貨ショップなども建ち並んでいるようです。




「ホーチミンの街中」

ホーチミンの街中は、自動車と原付と人でいつもにぎわっている感じでした。
但し、積極的な物乞いの方もいますのでみなさんご用心してください。
特に、大きなホテルの周辺は多いようです。




「スーパーマーケット」

ホーチミン市内にあるスーパーマーケットは、
少し小さめのデパートにスーパーが同居している感じでした。
(専門店(ほとんどがお土産や)とスーパーの共同体のような)
品揃えも豊富でここへくればほとんどが事足りる状態でした。
但し、大きなバックはスーパーマーケットに持って入れないので、
隣のクロークで荷物を預けてから入店する必要がありました。
(預け料金は無料です)

この建物内で購入したスイーツ(アプリコットと桃のタルト)は美味かったです。
ちなみに、お値段は、約450円と夕食と比較すると少々割高でしたが。


ベトナムの写真スライドショーはこちら→ベトナム
PR
中国(北京)の次に我々が訪れた国はベトナム(ホーチミン)でした。

旅程としては、中国(北京)→カンボジア(シェムリアップ)の予定でした。
しかし、我々の利用した世界一周航空券(oneworld)では直行便がありません。
そこで、中国→ベトナム→カンボジアの旅程となりました。

oneworldグループのキャセイパシフィック航空の便にて香港経由でホーチミンへ!
香港国際空港は、キャセイパシフィック航空のハブ(拠点)空港となっているようです。

写真は、香港→ホーチミンへ道程の途中で撮影したものです。
とても奇麗な景色でしたので、拡大判でアップいたしました。



「香港国際空港」/ HKG

流石は、香港という感じの空港です。
北京と比較すると本当におなじ国なのか?と思えるほどです。

帰国後に調べてみるとこの国際空港は、顧客満足度ランキングで、
2005年第一位、2006年第二位と上位に位置してました。
たしかに、快適・安全。ただし香港ドルが必要でしたが。
今度は、経由地でなく旅を楽しみに来てみたいところでした。


そんな空港内にはオブジェもありました。
これは?!今考えてみると、シカゴでみたオブジェに凄く似ている気がします!
シカゴのオブジェはこちら→シカゴ


こちらの空港の設計は、ノーマン・フォスター(イギリスの建築家)です。
日本では、東京お茶の水にありますセンチュリータワーを設計してます。
フランスの世界一高い橋(ミヨー橋)も彼の設計です。
このミヨー橋、一度見ると渡ってみたくなる橋です。写真はこちら→ミヨー橋
この橋は、霧の日には雲の上を渡っているような感じのようです!!
うーいってみたい!!!!


かなり広い空港で、一つの街のような感じもする空港でした。
右の写真はそんな空港内でみつけた大きな甘栗むいちゃいました!です。



「ホーチミンタンソンニャット国際空港とホテル」

大きな空港からホーチミンの国際空港へ到着!
空港からの夕焼けがとても奇麗でした。
香港国際空港はほとんど柱が無かったのですが、こちらは柱が林立してました。
これはこれで、味が合って個人的には好きです。
ホテルは、北京でネット予約した「WINDSOR PLAZA HOTEL」でした。
1泊8,800円(一部屋)朝食付き。
中国と比較すると約2倍のお値段でしたが、朝食および設備で大満足!
朝食はBUFFET(ビュッフェ)スタイルなので昼食分まで食べました!!
日本人の方も沢山見かけました。
ネットは、24時間利用で3,000円弱と非常に高かったです!!!!
中国ではネットは無料でしたので、とても高く感じました!




「売り子さんとスイーツ」

ホーチミンの街中では、帽子をかぶった売り子さんをよく見かけました。
お土産物を売ったり、食料品を売ったりと動くコンビにのような感じです。
そんな売り子さんのスイーツおばさんからスイーツを購入しました!
これ、結構ハマりますよ!
下段の中と右の写真セットで、200円弱(25,000VND)でした。




今回の写真のスライドショーはこちら→ベトナム(空港、ほてる、売り子さん)
ホーチミンの観光名所といえば・・・ペンタン市場。
らしいので、行ってみました「ペンタン市場」。
生地に始まり、洋服、かばん、貴金属、雑貨、そして食物類まで何でも揃う市場です。
店と店の間の通路は人がなんとかすれ違えるくらいの狭さ。
いろんな物があって、上野のアメ横のような感じです。
面白いといえば、ベトナムのビル。
10階建てなのに、薄いんです。上に細長いんです。
でも、カラフルだし、屋上やベランダには緑がいっぱいあっていい感じです。
中がどうなっているのか見てみたい・・・

明日、カンボジアへ移動します。


ホーチミンはカンボジアへ行くために立ち寄った都市のため、旅行ガイド本を持ってきていません。
とりあえずホテルでもらった地図を片手に街をプラプラしてきました。
(街の中心部までホテルから無料シャトルバスが出てるので安心)
そして、ベトナムといえば「フォー」。
ちょっとパクチーの味がしたけど美味しかったです。
ちょうどお盆休みも重なってか、ホーチミンでは日本人の旅行客によく会います。
雑貨屋さんがたくさんあって、このまま日本に帰るなら買いたいものが・・・

ベトナムの通貨単位は「ドン」。
日本で留守番中の「ドン」も元気にやっているようです。

夕食では、ドラゴンフルーツも食べました。
味は、イチゴとスイカをたして割ったような感じです。
(よけいわかりにくいかも・・・)
写真にあるごまつき餅のようなものがそれです。

3枚目の写真にあるのが、ベトナムではやっている?原付自転車の集団です。
中国は自転車でしたが、ベトナムは原付が異常なほど多いです!!
写真にもありますが、マスクが必要なほど空気が汚れてます!





AM3:00起き→香港空港で約5時間待ちで飛行機を乗り継ぎ、
ベトナムホーチミンへやってきました。(香港空港はすごくキレイで快適でした。)
ホーチミンは、天気のせいもあるかもしれませんがかなり蒸し暑いです。
道はバイクだらけ。
空港からタクシーに乗ったのですが、ちょっと(かなり?)不安&怖かったです。
ホテルは奮発して4つ星。
日本を出発してから初めてバスタブ付です(今まではシャワーのみ)。
徐々にホテルのグレードが上がってきてるけど大丈夫??

機内食 ホーチミン空港 ホテル(ホーチミン)


HOME  
CALENDER
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
amazon.co.jp
 世界一周時に使用した本の紹介です。  amazonのページが開きます。
COMMENT
[01/06 DORA-TAMU]
[01/04 やまもとりょう]
[04/21 山葵]
[07/16 澤山士行]
[03/31 yac]
PROFILE
HN:
noridoridon
性別:
非公開
LOCAL SEARCH
ブログ内の検索が出来ます
BAR-CODE
COUNTER
AROUND THE WORLD
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
NINJA







忍者ブログ [PR]

Designed by A.com