忍者ブログ
noriとdoriは10年勤めた会社を辞め、世界一周旅行”コテコテ世界建築探訪”に旅立ちました。   ⇒ 約4か月かけて33都市を探訪。2007.11末に帰国しました。 現在は、旅を回想中・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニューデリーから、アーグラーへ行き、タージマハルを見る予定でしたが、
悪徳旅行会社に騙されそうになる目に遭い、これにこりて行くことを断念し、
すぐにでも、カイロへ飛ぼうということとしました。
道程としては、下記のような感じです。

1)ニューデリー → ムンバイ(インド)
※インディアンエアライン

2)ムンバイ → アンマン経由 → カイロ(エジプト)
※ロイヤルヨルダン航空

ここで、まず1)の航空券を確保。
次に、2)の予約を行うため、航空会社へ電話にて連絡。
こちらは世界一周航空券のため、オープンチケットがありましたので、
電話での予約が可能だったのですが、なかなか上手く伝わりません!
そこで、ロイヤルヨルダン航空の事務所へ向かうこととしました。
(運良く、コンノートプレイスの中に事務所がありました!)
ところが、我々の希望する道程がどの便も予約でいっぱいで取れないとのこと!
但し、明日の夕方になれば状況が変わっているかもしれないといわれました。
そこで、その日は諦めて、次の日に挑戦しましたが、ダメでした。
我々としては、すぐにでも出国したい気持ちがありましたので、
明くる日に再挑戦するとようやく早朝発の便が確保できました!

2)が早朝便となった為、1)のムンバイ空港到着後は、空港にて時間を潰すこととしました。
空港は入り口でセキュリティーチェックがあり、誰でも入れる訳ではないので安全でしたが、
改装工事が行われていたため、施設のほとんどが工事中!
空港内では、我々と同様の状況の方々で溢れかえってました。
i PODなどで時間を潰していたのですが、さすがに12時間は疲れました!

それを乗り越えて、いよいよ搭乗です!
搭乗まえのセキュリティーチェックは、地下鉄と同様に男女別でした。
手荷物検査では、X線を通過後に荷物台が急傾斜しており、
中に入っていたラップトップが壊れるかと思いました!

こちらあロイヤルヨルダン航空の機体です。
王冠をモチーフにしたマークもそうですが、気品を感じる機体でした。


食事は、ベジタリアンかnonベジタリアンかのチョイスでした。
迷わずnonベジタリアンをチョイスしましたが、
今思えば、ベジタリアンをチャレンジしてみてもよかったかも。
nonベジタリアンは、オムレツときのこのソテーでまずまずの味でした。


上空からの景色は写真のような感じです。
ひたすら砂地が続いている景色は、何となく物足りない感じですが、
初めて見る砂地に感動もしました!
カイロ(エジプト)の到着前は、プラミッドが確認できました!
(写真を撮り損ないました!ごめんなさい!)


インドで撮影が禁止されていた頭で入国したのと寝不足により、
乗換の空港内での撮影を忘れてました!
クィーン・アリア国際空港(アンマン国際空港)内は、DUTY FREEあり、
スターバックスもありと近代化され充実してました。
乗換後は、軽い軽食を食べたらすぐに到着した感じでした。
(寝不足と、同じ航空会社での乗換のため、乗換後だったかどうか不明です)
味は、割としっとりとしたパンケーキで美味しかったで。


こちらの写真は、機内紙の中身です。
右の写真は、かっこいい時計でしたのでメモ的に撮影しました。
中央部の説明には、$4,200とあります!(約50万円!!!!)


上記の時計を調べてみました。
SEIKO社のNEW MODEL MのFLAGSHIP MODELのようです。
日本では、2008年2月から伊勢丹新宿本店にて先行発売されるようです。
カタログはこちらにありました→pdfカタログ
PR
本日は、インドに関しての報告です。
写真のスライドショーはこちら→インド(ニューデリー他)

インドは、観光での入国の場合もVISA(査証)が必要となります。
我々は、2007年7月に取得したのですが、11月より所得方法が変更になったようです。
2007年7月時点での取得は、大使館へ赴き、午前中に申請を行うと、
特別に問題が無い限り夕方には取得ができました。
当時の申請料は、1,200円/人でした。
※現在は、取得方法が若干変更になったようです。
詳しくはこちらのページからどうぞ→インド大使館

インドへの旅行は、出来る限り事前に予約を済まして入国するのがベターと思います。
おおまかな旅程と宿泊先など。
現地へ入国後、旅行会社での手配は、詐欺まがいの悪徳旅行会社が多いと聞きます。
われわれももう少しで被害に遭うところでした。以前の報告はこちら→インド報告

カンボジアよりバンコク経由にてインド(ニューデリー)へ到着しました。
ニューデリーへのアジア方面からの入国便は、夕方に到着になる為、
インド入国へは、ホテルの事前予約と、空港への送迎手配を行った方がベターと
ガイドブックにありましたので、カンボジアから一応予約を行いました。

確かに、空港に到着した時点で、外は真っ暗。右も左も分からない状態で、
これほどの人ごみの中を突き進むのは、旅慣れた人でなければ難しいと感じました。

インドでは、空港や地下鉄では写真撮影が禁止されていました。
その影響もあったのと、悪徳旅行会社に騙されそうになったことと、
靴の上にPOOがのっていたことのショックもあってほとんど写真がありません。
脳裏には焼き付いているのですが・・・

到着後の入国審査は時間待ち以外は問題もなくあっさり通過しました。
人の量に対して窓口が少なすぎるためものすごく混雑してました。
その後、手配していた送迎を探していると、noridoriのプラカードを発見!
スマート(どちらかというとやせこけた)感じのお兄さんのお迎えでした。

辺りは、少ない街灯で照らされていて薄暗い中を駐車場まで歩いて行くと、
薄暗くても、車の痛みが激しい雰囲気のある車が待ってました!
で、ここからホテルへ向かうのですが、その道中にガソリンスタンドへ???
迎えにくる前に燃料は段取りしといてよ〜と思いながら乗っていると、
「降りて!」と言われます???
荷物も載っている状態で、降りるのは不安を感じたので拒否していると、
どうやら、我々の座っていた足元が給油口だったようです。

ホテルへ到着して、荷物をホテルへ運んで行くと、
運転手から料金の請求がありました。ホテルでの手配だった為、
ホテルに確認してくるとその場を後にしてホテルの受付で確認すると、
ここで払えば大丈夫というので現金で支払うと、胸のポケットへ???
その後、運転手へ料金が払われたのかどうかは不明です!

写真のナンバープレートはそのときのタクシーのNo.です。
ガイドブックによると、インドはトラブルが多いので注意!とありましたので、
細心の注意をと考えていましたので・・・
それでも旅行会社、靴磨きに騙されそうになったのですが・・・
手強い国です。その分、奥が深いのかもしれませんが・・・

その右の写真は、ホテルのルームキーとアメニティーです。
こちらのホテル「Hotel Fifty Five」は、一応中級ホテルで掲載されてました。
料金は、2,925ルピー/日・部屋(約8,800円)です。
・朝食なし、ネットなし
・トイレ、ホットシャワー、エアコン、テレビ付きです。
アジア圏から到着すると若干高いかな?と感じるホテルですが、
ニューデリー新市街(コンノート・プレイス)内にある立地条件のよいホテルです。
カンボジア/ベトナムでは、この料金以下で朝食付きで、
中の上的なホテルに宿泊していた為、到着当初は本当に唖然としてました。


ホテル周辺の様子と、ホテル室内の様子。
右写真のすりガラスの扉の奥がシャワーとトイレです。


割と混雑しているようで、到着時は、欧米人をみかけました。
欧米人の様子を見ていると部屋の設備他に納得していない感じでした・・・
同感です!
で、到着が夜中だったので、翌朝、窓を開けて景色の悪さにがっかりしました。


こちらが洗面とシャワールーム。
シャワーは、事前にお湯のスイッチを入れる必要がありました。
それに気がつかなかった日は、なんとなく冷たいね?といいながらはいってました。
トイレの側には、ちいさなバケツに入った水が置いてあります。
これは、インド流手動式ウィシュレトで左手で使うようです。
ホテルですので、トイレットペーパーもありましたので使いませんでしたが。


朝食は、ホテルで済ましてました。
中央の写真のチーズ入りオムレツは卵はほとんど白身だらけのような感じですが、
濃厚チーズが入っていて美味しかったです。
バタートースト、コーヒー×2、チーズオムレツ、サンドイッチの合計で、
112ルピー(約336円)とお買い得な値段です。
写真はありませんが、マクドナルドでチキンバーガーセットとコーラを注文すると、
134ルピー(約400円)でした。


こちらは、コンノートプレイス付近にある「ジャンタル・マンタル(天文台)」です。
入場料は、100ルピー/人(約300円)です。
新市街地は人が溢れかえってますので、天文台の建造物を見ながら、
のんびり過ごすにはちょうどいい場所だと思います。


天文台の公園内ではリスもいるほどのんびりしています。
頭頂部の葉のないヤシの木が不思議な雰囲気で立ってました。


もしくは、のんびりされるならこちらの喫茶店もお勧めでした。
我々は、アーグラー(タージマハル)へ向かう予定でしたが、
諸事情で諦めましたので、ムンバイまでの航空券取得までの時間は、
こちらにてノンビリ過ごしてました。
こちらの喫茶店、入り口には警備員が立っており、扉を開けてくれます。
インドでは、マクドナルドなどの飲食店や、航空会社にまで、
装備はそれぞれ違いますが、かならず警備員が配備されていました。


こちらの喫茶店、異常なほどにエアコンが効いていたので、
外は40度近い気温なのですが、ホットの注文でちょうど良かったです。
チョコドーナッツ、ホットチョコ、アップルサイダー、紅茶、カフェラテ、マフィン
これらを注文して、260ルピー(約800円)
こちらのチョコドーナッツは、温かくて甘くて美味かったです!


ここからは、ニューデリーの街中の様子です。
街を歩いて信号待ちをしていると突然少女がやって来て、
我々の周りで踊り始めます!お目当てはチップのようです。
裕福そうな紳士が歩いているかと思うと、物乞いをする子連れの親子がいたり、
赤ん坊を連れて、物乞いをする女性も多く見かけました。



コンノートプレイスは新市街地ですので、銀行・ショップが軒を連ねてます。
そんな中には、沢山の時間をもてあそばしている感じの男性陣が沢山いました。


街を少し離れると、牛が悠々と存在しているのも見かけました。
リクシャーも所狭しと走り回ってました。


こちらは、空港へ向かう途中の住宅街の様子です。
空港へ向かうタクシーが信号待ちをしていると、右手が血まみれになった少女が、
徐々に近づいてきます。
タクシーはエアコンが無いので窓が開いているところから、
手を出して来て、物乞いが行われます。
多くは、自らを傷つけて物乞いをしているとのことです。
改めて、格差の激しさを痛感しました。


こちらが、航空券の購入控えなのですが・・・
チケットを手にするまでは本当に不安でした。
それぞれ、ニューデリー→ムンバイ、ムンバイ→アンマンへの航空券です。


ニューデリー→ムンバイの航空機内での食事はカレーでした。
右の写真は、ムンバイ空港で時間待ちのときに食べた、タンドリーチキンです。
機内食のカレーより、こちらのチキンはうまかったです!
ちなみに、タンドリーチキン、コーラ、フルーツケーキ、紅茶を注文して、
120ルピー(約400円)です。
同じ店で、プリングルス、ポテトチップ、コーラ、水を購入したところ、
165ルピー(約500円)で夕食より高かったです。輸入物は高いのでしょうか?


以上、インド報告でした。

いや〜、インドは手強い。特に?ニューデリーは手強い。
「街の中心にある清潔なホテル」という、値段もそこそこのホテルを選んだのですが、とにかく建物が古く、部屋は埃っぽい。着いてしばらくは呆然としていました。
まあ、“住めば都”で、一晩寝れば何とも思わなくなりましたが。。。
※浴室にコックローチは居ましたが・・・
事件?は、ニューデリー2日目におきました。
インドの目的「タージマハル」へ行くためにはニューデリーから鉄道に乗らなくてはいけないので、鉄道のチケットを買おう(予約)とニューデリー駅へ。
ガイドブックに「駅舎の2階に外国人専用のチケット売場がある」と書いてあったので向かったのですが、駅舎が無い。2階建て以上の建物が無い。
チケット売場らしきところはインド人で溢れかえっていて、入っていく気にもならない・・・
と、呆然としていると、人の流れを整理している?関係者?らしき人が・・・
とにかく2階へ向かってみようと階段を上ると整理?を行っている関係者?より
こちらではチケットを販売していないといわれとりあえずあきらめ、
再度、黙って階段方面へ向かうと先ほどの関係者?が声をかけてくる。
「外国人専用チケット売場に行きたい」と説明すると、現在、駅舎を建替え中でチケット売場が無い(確かに工事中の建物があった)と。
2階に係員がいるから聞いてみろといわれ2階へ向かうと、
セクリティーの前に係員とは別と思われるインド人よりチケットはあるのか?
と聞かれ、無いと答え、外国人専用窓口へ向かっているというと、説明が始まった。
駅舎の建替えを行っていてここには専用窓口が無い、
チケットを買うには「DTTDC(インド政府観光局)」に行かなくてはいけない。。。と言われ、言われるがままついて行くとタクシー?に乗せられ(おじさん1人も同乗)・・・
と、この時点では「これで無事チケットが買えそうだ」なんて思っていたのですが、タクシーが動き出して落ちついてよくよく考えると「いや、この人達、親切過ぎないか・・・」と。
慌ててガイドブックを確認すると「DTTDC(本物)は駅などでの勧誘は行わない」と書いてあり、これはヤバいと「DTTDCの正式名称は何?」と質問したら、それまでにこやかに話をしていたおじさんの顔が変わり、言葉がシドロモドロに。
「やられた〜」
インドで被害が多発している「ニセモノDTTDC!!」。高額なツアーをむりやり組まされるやつです。
抵抗するのは怖いので、とりあえずタクシーの中では大人しく。。。(心臓はバクバクでしたが ^^;)
旅行社前にタクシーが止まった時点で運転手にタクシー代を渡し、旅行社の方へ歩いていったおじさんに「チケットいらない」と言い放ち、反対の方向へ足早に立ち去りました。
その後しばらく、そのおじさんが私達の後をつけてきたので、本屋に逃げ込んだりしながらとにかく街の中心部へ。(どうやら、警察にいかないか?を見張るためにつけていたようで・・・でも、怖かった @@;)
その後、無事ホテルに戻り、ことなきを得ました。
「もうニューデリー駅には行きたくない!」
でも、タージマハルに行くにはニューデリー駅に行くしかない・・・
今回は諦めました。。。タージマハル。
どうしても行きたくなったら、日本からツアー組んで行くことにします。
だって、怖いんだも〜ん @@;) SAFTY FIRST!!

事件はニューデリー3日目にもおきました。
タージマハルを諦めたので、この日はニューデリーの街をプラプラ(暑いのでほとんど喫茶店にいましたが・・・^^;)
夕方になり、そろそろホテルに戻ろうかと街中を歩いていると、突然noriのところへ靴磨き道具を持った兄ちゃんが近づきしきりに声をかけ始め、不思議に思いnoriの足元を見ると、靴の上に○○○(いわゆる“大”)がベットリと・・・
踏むならまだしも、歩いているだけで、なんで靴の上に?!
サスガに立ち止まると、兄ちゃんがすかさず靴磨きを開始。バッドBIRDと言いながら
「お前か仲間がつけたやろ!」と怒る気にもなれず。。。キレイになったのを確認して、請求してきた金額の半額以下を押し付けて立ち去りました。
ちんみに支払う前に近くに居たインド人に金額を確認すると高い金額を指定してきた!
※ 確認した人間もどうやらグルのようでした・・・

インド旅行は、安全なツアーを組んで行くことをお勧めします。。。


ムンバイ(ボンベイ)に入りました!

ムンバイ→アンマン経由→カイロの飛行機が早朝発の為、
ムンバイの国際空港にて、12時間の待ちぼうけ!
しかも、空港内部はほとんどの施設が工事中!

今回の飛行機を逃すと、30日まで便がない為、
仕方なく空港にて待ちぼうけ!

明日はカイロ(エジプト)へ移動です!

インドに入りました!
ネット環境が確保できてなく、携帯からです。

インドはいろいろと大変です。
車と人で溢れかえってます。

ニューデリーは旅行社の詐欺が多発しているようです。
早速、危うく騙されるところでした!
無事に回避しましたが・・・。

明後日はムンバイ(ボンベイ)へ移動します。
HOME  
CALENDER
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
amazon.co.jp
 世界一周時に使用した本の紹介です。  amazonのページが開きます。
COMMENT
[01/06 DORA-TAMU]
[01/04 やまもとりょう]
[04/21 山葵]
[07/16 澤山士行]
[03/31 yac]
PROFILE
HN:
noridoridon
性別:
非公開
LOCAL SEARCH
ブログ内の検索が出来ます
BAR-CODE
COUNTER
AROUND THE WORLD
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
NINJA







忍者ブログ [PR]

Designed by A.com