忍者ブログ
noriとdoriは10年勤めた会社を辞め、世界一周旅行”コテコテ世界建築探訪”に旅立ちました。   ⇒ 約4か月かけて33都市を探訪。2007.11末に帰国しました。 現在は、旅を回想中・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「聖ミシェル・エ・ギュドゥル大聖堂」

ブリュッセル中央駅から5分ほどの所にある聖堂
1226年に建設が行われ、歴史とともに様式を変更しながら今日に至ってるそうです。
部分的な改修が歴史とともに刻まれているようです。
1999年には修復作業が完了し、最終的にはゴシック様式に落ち着いたようです。

巡礼中にいくつかの教会を見て参りましたが、
こちらの聖堂は、内部空間が比較的明るい空間だったと思います。
内部へ入るととてつもなく高い天井が、凛とした空気を作り出してました。
どの聖堂も、内部へ入ると姿勢がよくなるという不思議な感覚に陥ります。
静かな空間で、日本の寺社仏閣の繊細さとは違う雰囲気を持っています。

日本の寺社仏閣は、内部空間にいても外の気配を感じ取る事が出来ますが、
こちらの聖堂は、内部へ入ると異次元のような感じとなり、
そとの世界とは一時的に隔離される感覚となります。
これが、凛とした空気を作り出しているのかもしれません。
日本的な繊細な建築も好きですが、西洋の荘厳さも病み付きになります。


こちらが、その聖堂の正面の部分です。
中央と右の写真は、聖堂付近の様子です。近代的な建築が周囲を取り囲んでいました。


内部に入ると、上へ伸びて行くような空間を体験できます。
しかしとてつもなく大きな柱と高い天井(天井はないようですが・・・)です。
これを何百年もまえに建築しているという事実には驚きです。


パイプオルガンも迫力があります。


ステンドグラスは言葉では表現できない美しさがあります。



ステンドグラスには物語が描かれているようです。
聖書を読めない方のために絵で表現していると聞きます。




こちらは、聖堂正面から出たら見える景色です。



おまけ

小便小僧の側で、ダックスフンドを発見!おもわずパチり!キュートです!!

-------------------
4月7日(月)

今日は「マフィン作り」三昧の日でした。
doriMAMAに「火曜日に持っていくお菓子を焼いて」と頼まれ、
以前から気になっていたマフィン型を使って「バナナマフィン」に初挑戦することに。
まず、午前中に試作品を作成。
なかなかの出来でdoriMAMAの”OK”をもらい、午後から本番。
一気に25個のマフィンを焼きました。
でも、焼き時間を勘違いしていて見事な茶色のマフィンが完成。
焦げたわけではないし、これはこれで香ばしくて美味しいとdoriMAMAの
”OK”をもらったのですが・・・
やっぱり納得いかなくて、夕方にもう1回焼きました ^^;)
左の写真が”よく焼いた ^^;)”バージョン。
真中の写真が”納得”バージョン。
アレ?写真で見ると、左の方が美味しそう・・・(笑)

本日のディナーは「THE 和食」

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDER
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
amazon.co.jp
 世界一周時に使用した本の紹介です。  amazonのページが開きます。
COMMENT
[01/06 DORA-TAMU]
[01/04 やまもとりょう]
[04/21 山葵]
[07/16 澤山士行]
[03/31 yac]
PROFILE
HN:
noridoridon
性別:
非公開
LOCAL SEARCH
ブログ内の検索が出来ます
BAR-CODE
COUNTER
AROUND THE WORLD
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
NINJA







忍者ブログ [PR]

Designed by A.com