忍者ブログ
noriとdoriは10年勤めた会社を辞め、世界一周旅行”コテコテ世界建築探訪”に旅立ちました。   ⇒ 約4か月かけて33都市を探訪。2007.11末に帰国しました。 現在は、旅を回想中・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インドへ飛びたいような飛びたく無いようなという訳で、
取り急ぎ経由地のタイ(バンコク・スワンナプーム国際空港)を報告致します。

こちらの空港は、ドイツ系アメリカ人のヘルムート・ヤーンが設計しました。
ヤーンは、ベルリンにあるソニーセンターも設計したようです。

こちらも、写真を見ていただければ概要がつかめると思います。
スライドショーはこちらから→バンコク・スワンナプーム国際空港

カンボジアから入国し、乗換になりますので、「Tranfer」へ向かいます。
2006年に開港となった空港ですので、明るく透明な空間となってます。
天井の高さもあって、とても開放的な空港となってます。


木々の根元もコンクリートカラーとなっていて、統一感があります。
タイの文字は、独特で英語表記が無ければ、サッパリ分かりませんでした。
中国のように感じであればある程度意味は読み取れますが・・・


これぞ、タイという装飾が行われてました。
成田空港ももう少し日本的な装飾を行っていいと思います。
日本のモダンな空間ではあると思いますが、わびさびも欲しい気がします。


テントのような膜で包み込まれていて、開放的なのですが、落ち着きます。
膜が光を調整する障子のような役割を果たしていました。


いよいよニューデリー(インド)へ向かいます。
ガイドブックには、インドはハマる人と、全く合わない人に分かれるとのことです。


空港でタイらしいお土産を発見しました。
我々は、バックパックの旅行の上、まだ始まったばかりでしたので、
後ろ髪をひかれながらグッとこらえました。
きらびやかで神秘的な装飾が、購買意欲をそそります。



さすがは国際的なハブ空港です。
レストランも国際色豊かに品揃えされてました。


空港のなかで驚いたのは、こちらの物体です!
こちらは、空調(エアコン)だけでなく、アナウンス機能も備えてました。


国際ハブ空港のため、規模も大きく、コンコース上にレストラン、
すしバーもありました。但し、高いんですよね空港って!
でも演出の為の照明は巧みに配されていたと思います。


いよいよ搭乗時間が近づいてきました。
香港国際空港も規模がでかかったのですが、こちらもスケールの大きな空港です。
ここで、突然アンケートの依頼がありました!IATAのアンケートの協力依頼でした。
時間的な余裕があったので、アンケートに答えたらお土産をいただきました!
英語のアンケートでしたので、辞書を引きながら答えました。
中央の写真が、待合室の状態です。みなさんインドに向かうようです。


インドまでは、THAI航空にて移動します。
こちらの独特な紫色は個人的に、深みと落ち着きがあり好きです。
女性には、花のサービスがありました。
でも、国際的な移動なので、検疫が心配でしたので機内に置いてきました。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDER
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
amazon.co.jp
 世界一周時に使用した本の紹介です。  amazonのページが開きます。
COMMENT
[01/06 DORA-TAMU]
[01/04 やまもとりょう]
[04/21 山葵]
[07/16 澤山士行]
[03/31 yac]
PROFILE
HN:
noridoridon
性別:
非公開
LOCAL SEARCH
ブログ内の検索が出来ます
BAR-CODE
COUNTER
AROUND THE WORLD
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ
NINJA







忍者ブログ [PR]

Designed by A.com